• ubiqs-llc

【初心者向け】マンスリー物件探しで失敗しない探し方

更新日:4月26日


ご予約前に必ず確認する事

  1. 内見不可の物件が多いので、㎡数、立地を確認する


一般賃貸の場合、不動産会社へ問い合わせしてから内見をすることがほとんどです。

しかしマンスリー物件のご予約の際は、現在滞在中の可能性もあり内見不可の物件が多いです。そのため、写真だけでは細かいところを確認できません。


お部屋の広さ、住所を確認して、事前に念入りに確認する必要があります。

急ぎでなければ、実際に足を運んで外だけでも近隣状況を確認することをおすすめします。

最近ではGoogle Mapのストリートビューでも確認ができるので、一度見てみましょう。


  1. 初期費用の確認を必ず行う


マンスリー物件は、管理会社によって料金形態が異なります。

基本的な家賃とは別に、光熱費、Wi-Fi費用が発生したり、家具家電のレンタル費用が別で発生する可能性もあります。基本的な家賃が安いと思い問い合わせしたが、光熱費が入っていなくトータルで高い金額になってしまった・・・なんてこともあります。

初期費用がほかに何が発生するのか、しっかり確認しておきましょう。



  1. ついている家具家電を確認する

マンスリー物件は家具家電が基本的に元からついていることが多いです。

しかし、物件によっては簡単な家具しかついていないこともあります。キッチンはついているのに、調理器具などがなく、結局自分で調理器具をそろえなければいけかったり、ベッドはついているのに布団やリネンがついていなく予想外の出費が発生する可能性もございます。

気になるところは必ず管理会社へ確認しましょう。



  1. キャンセル料を確認する

マンスリー物件は1か月~1年で契約することが多いですが、全額返金不可に設定している物件もあります。マンスリー物件は一括前払いの場合が多いので、1か月で急遽キャンセルしたくても、6か月分の家賃がまるまる戻らない・・・なんていうことを避けるために、必ず確認しましょう。

管理会社によっては1か月毎に入金できる場所もあるので確認することをおすすめします。



まとめ

マンスリー物件探しの際に必ず確認する点をまとめました。

一般賃貸とはかなり違いがでてくるので、自分が失敗しないためにも必ず事前に問い合わせをすることをおすすめします。

不明なところも丁寧に対応してくれる管理会社もありますので、気にせず分からないところは聞いていきましょう。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示